弊社の顧客であるシナジーブリーディング社は、日本初のオニテナガエビ種苗生産技術(量産ベース)を確立し、海外からの稚エビの輸入に頼らない安全安心な生産サイクルの実現を可能にしました。淡水のオニテナガエビに続いて、海水のバナメイエビの種苗生産技術(量産ベース)の確立に向けタイとの連携を着実に進めています。​IDST社は、種苗生産に必要なノウハウをタイから余すところなく伝えています。

種苗生産施設

種苗生産施設

動画を見る
オニテナガエビ生態

オニテナガエビ生態

動画を見る

安全安心な食料自給を目指す次世代食料生産に取って「血統種苗」の開発は絶対に欠かせない重要なアイテムです。

Tolasin-shrimp-3.jpg
メスOTE1.jpg
Sea-cage-grown-shrimps.jpg
Robust-shrimp-e1526115805564.jpg
OTE収穫作業1.jpg

種苗生産はノウハウの塊です。大量血統種苗の生産サイクルを実現している現場の知識と経験無くして成功は有り得ません。弊社はそのノウハウを惜しみなくお伝えすることで、世界の食料自給に貢献することを目指しています。